本文へ移動

スタッフブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

冷媒の研究・開発・製造!

2019-04-17
日頃より地球温暖化の極めて少ない冷媒の研究・開発をしております。
ウェブサイトに記載のない製品でも、お客様のご要望に添えるよう、ユーザー様の好みや使い勝手に合わせて製造できますので、どのようなことでもご相談下さい四葉のクローバー
他社製品はすべてOEMのため輸入して販売するのみです!

超低温冷凍庫って?

先日、あるお客様から聞いた言葉に耳を疑ってしまいました。
 
超低温冷凍庫を販売している会社(A社)の従業員さんが、
-60℃の冷凍庫には「-20℃で冷凍されたものを入れて下さい!」と言ったとか?
 
それでは超低温冷凍庫の意味がありません。
超低温冷凍庫とは生の食材を低温で短時間で芯まで凍結(緩慢冷凍を防ぐ)長期間保存ができ、解凍したときに新鮮な状態で召し上がるためするための冷凍庫なのです。
-20℃で冷凍したものは-60℃の冷凍庫で保存しても、それなりです。
氷結細胞が小さくなる訳ではありませんまいった顔まいった顔
 
 
 

-100℃に挑戦・達成!

2019-04-08
日々、研究・開発に取り組んでおりますが、この度、TFS-170(170ℓ)の冷凍庫を一台のコンプレッサーで-100℃まで温度を下げることができました口を広げてにっこりした顔
通常、-85℃以下の冷凍庫はコンプレッサーを二台使用したもの(二元冷凍)しかありません。
当社のスペシャル冷媒により、コンプレッサーの排気量11㏄で-100℃が実現しました。
 
これは世界中にどこにもありません!
 

釣りシーズン到来!

2019-03-28
桜桜も満開になり、いよいよ釣りのシーズンです桜
リピーターのお客様が釣りの帰りに来社し、3台目の冷凍庫をご購入されました。
湯河原で「べにあこ」という大変珍しい魚を釣って来られたので、見せていただきました。
体長40~50㎝の綺麗な紅色をした魚で、深海1000mくらいのところにいるそうです。
なんと3匹も釣れたそうです驚いた顔
初めて見る「べにあこ」にビックリでした!!!!!
 
釣りっていいですねいいね(手のひらが手前)

ドライアイスでの演出にびっくり!

2019-02-25
先日、丸の内にある天空のフレンチレストラン Mで食事をしたときのこと。
デザートの前に、煙が出ている玉手箱のようなものが運ばれてきました。
そっと開けてみると、ヨーグルトとジャむが3種類。
そしてひとつの器から煙が・・・・驚いた顔
何と、ドライアイスに水をいれたものから、もくもくと煙がでていました。
これには驚きと感動を覚えました。
煙から丸く膨らんで、最後は炭酸水になりました 3つの音符
 
とても素敵な演出でした驚いた顔驚いた顔驚いた顔
このような使い方もあるのですね スプーンとフォークとナイフ
 
絶対に食べてはいけません! と言われました(笑)
お子様はマネしないでくださいネ!
 
株式会社 サーモマジック
〒277-0861
千葉県柏市高田146-1
TEL.04-7146-6058
FAX.04-7146-6089
業務内容
超低温冷凍庫製造・販売
TOPへ戻る